西洋の食事療法が

これはがんの原因のか?

西洋の食事療法が老化を早め、早死をもたらすという研究結果 - あなたはじっくりと死に向かっている?

栄養学研究者たちはこれまで繰り返し、食事が遺伝子発現、老化率、慢性疾患にかかる率、生活の質と寿命をも直接定める、と主張してきました。プロセスフードや砂糖、水素化脂肪や精製炭水化物を主とする食事療法は、新陳代謝の酸化、全身性炎症、そして心臓病、糖尿病、痴呆、脳梗塞や様々な種の癌の原因となる、免疫力の後退を引き起こします。ある新しい研究団体は、複数の慢性病や早死の発達における危険要因を精密に評価しています。

アメリカ医療ジャーナルによると、揚げ物や甘いもの、赤肉、精製された穀物や高脂肪の乳製品から成り立つ西洋の食事療法が、健康で元気に長生きすることを妨げると示しています。

砂糖、精製された炭水化物や水素化された脂肪の取り過ぎは、病気へのリスクを高め、寿命を短くするのです。

揚げ物や甘いもの、赤肉、精製された穀物や高脂肪の乳製品から成り立つ西洋の食事療法が、理想の老い方の邪魔をします。「西洋式食事」の回避が、実際に慢性疾患のない健康な老齢期を送る可能性を高める一方、地中海や日本の食事療法が、慢性疾患になるリスクを低め、寿命をのばすことはよく知られています。

日本人が益々西洋式の食事に慣れ、地球で最も長生きする人口という事実は明らかに危険に晒されています。あなたの食事療法が如何に変化しているかを考え直し、日本の食事療法の基本、つまり魚、野菜、米に戻る努力を意識的にしていくことに、価値は必ずあるでしょう。

About the author

Leave a Reply