植物の香りは心をリラックスさせ ストレスを軽減

アロマテラピーとは、「植物から抽出した香り成分である精油(エッセンシャルオイル)を使って、心身のトラブルを穏やかに回復し、健康や美容に役立てていく自然療法」と定義されています。

空気中に漂う香りの成分が呼吸と共に鼻に入り、香りの成分を情報として大脳に伝えられ、人は香りを感じます。
香りによって、集中力が高まったり、鎮静効果をもたらしたりします。

また、アロマテラピートリートメントなどでは、精油成分が皮膚から浸透しさまざまな効果をもたらすこともあります。

それぞれの香りには期待できる効果がそれぞれあるといわれていますが、アロマオイル選びで一番大切なことは、必ず自分で香りを試して「よい香り」だと感じるものを使うのが良いと思います。好きな香りに包まれると幸せな気分になりますね。

私たちの生活は多くのストレスにさらされています。
仕事上のストレスや人間関係、さらに、家事、育児、夫婦、親戚付き合い、ご近所のトラブルなど。
いろいろ発達した現代では、ストレスの質も以前に比べ多様になっています。

人は古来より植物の持つ力、自然の力を活用して生きてきました。
薬草で傷や病気を治したり、木々に囲まれてリフレッシュしたり、花を見て癒されたり。
植物の持つ力を積極的に活用して香りのある素敵な暮らしを楽しみたいですね。

エッセンシャルオイルはネットでも簡単に手に入ります。
300種類以上あるとも言われていますので、自分の望む効能があるエッセンシャルオイルを探すのも楽しいです。

まずは、グレープフルーツやラベンダーなどポピュラーなものから始めるのも良いかもしれませんし、効能だけ調べて香りは全然知らないものにチャレンジするのも楽しいかもしれませんね。
アロマディフューザーを使ったり、お風呂に数滴入れて、自然の香りで癒されてください。

※ペットを飼っている方はエッセンシャルオイルが動物に与える影響を調べてからご使用ください。

byエターナジー