自宅の庭に咲いているバラで、ほんのり甘い香りのローズウォーターを作ってみました。

その歴史は、紀元前810年頃まで遡ります。古代ペルシャのファリスタン州では、ローズウォーターを約3万壺もバグダッドに納入するよう義務付けられていました。当時、ローズウォーター生産の中心であったファリスタン州及びシラーズ周辺で作られた大量のローズウォーターは、インド、中国、イエメン、エジプトへも輸出されていたとのことです。それらの輸出先では、ローズウォーターは宗教の儀式や洗浄、飲用、薬用、美容、体の香り付けなどに使われ、古くからその地の人々の暮らしと文化に深い繋がりを持っていました。古代ペルシャは、バラを庭に並べて植えるなど、バラを栽培した最初の地といわれています。

材料

バラの花びら 100g
水 適宜
氷 適宜

作り方

バラの花びらを水で洗います。

鍋に耐熱ガラスの容器など、背の低い耐熱容器を伏せて敷き、バラの花びらを鍋に入れて、かぶるまで水を入れます。

その上に同じような耐熱ガラスの容器に上向きにのせ、火をつけます。

沸騰し始めたら弱火にし、逆さまに蓋をして、氷をのせます。溶けてきたら、タオルで水を吸い取り、さらに氷を足して下さい。

水蒸気になって、蓋に付いたローズウォーターが氷で冷えて、ガラスの容器にぽたぽたと溜まってきます。(水蒸気蒸留法)

好きな量ができるまで煮ましょう。

今回は約30分で100cc位できました!

乾燥するこの季節、添加物のない手作りのローズウォーター、化粧水として使ってみようと思います。

お肌に合わない場合があります。顔以外の部分で少量から試し、合わない時は使用を中止して下さいね。

byエターナジー