ヘンプペーパーの環境への貢献

ヘンプペーパーの環境への貢献

ヘンプペーパーは緑を守り、環境を保護する紙と言えます。 非木材紙の新たな素材として、市場の非木材紙の潜在需要の掘り起こしにつながる可能性を持っています。 この意義としては、木材パルプの使用を抑制して森林伐採を減少させるということです。 森林伐採が減少すれば、森林により二酸化炭素と酸素のバランスを良い方向に向けることが可能ですし、地球温暖化の進行を抑制することが可能とも言えます。 農作物が育たない地域でも栽培が可能で、砂漠化した地域の活性化につながるでしょう。 ヘンプペーパーの特徴...
ヘンプペーパーの歴史

ヘンプペーパーの歴史

ヘンプペーパーの歴史は人類の歴史と共に歩んできました。 世界中で使用されてきた事例を紹介します。 中国で出土した西漢紙として、放馬灘紙が有名ですが、これは、現存する紙のうち最も古く、ヘンプが利用されていたことが分かっています。2100年以上も悪条件の中で残った抵抗性は、驚くべきことです。 紀元前105年、中国後漢の蔡倫が書写を用途とした紙を発明。たくさんの紙が作られましたがいずれもヘンプがを材料に利用。その後、中国では写本を中心にヘンプが利用されています。 1909年に発見された李柏の手紙の下書きにもヘンプが使われていました。...
エコな素材・ヘンプペーパー

エコな素材・ヘンプペーパー

自然環境保護のため、ヘンプペーパーを見直そう! ヘンプはフードだけじゃない?ヘンプペーパー、建築素材や衣類にも使われます。 ヘンプとは、アサ科1年草繊維型の植物で、大麻草と呼ばれますがよく心配されるような効果のない品種です。 生育が早く、栽培時に農薬を必要としない強さを持っているのでオーガニックとしても育てやすいのです。 葉は肥料や医療品・茎は紙や布・種は食品や油・根は土壌改良に使われ、自然エネルギー資源として注目されている素晴らしい植物です。 木材に比べて繊維長が長く、引張強度が強く...